復讐のためにダークヒーローとなった美貌の女囚

14-07-17 Thu.

世の中にはいろいろな本がありますが、読んですっきりする本はいつ読んでも面白いものです。このような本は、多くの読者に評価されています。

マンガ「さそり(1)」は、愛と憎しみをモチーフにした内容の本ですが、小説では味わえない漫画ならではのリアル感が楽しめる本となっています。一見、ドロドロと重たい内容なのかと思いますが、リアル感が楽しめるので、読んでいると気持ちがすっきりしてきます。

松島ナミという女性が愛する男に憎しみを抱いて殺人未遂を犯してしまうという復讐をテーマとして書かれていますが、話が進んでいくごとに主人公はダークヒーローとして活躍していきます。

例えば、女子刑務所に入れられた松島ナミは、かつての恋人への復讐を企てますが、女子刑務所内でもいじめや嫌がらせ、リンチを受けることになります。主人公の松島ナミは、復讐、仕返しのために、さそりのように攻撃していくのです。

美貌の女囚による愛と憎しみが描かれたこの作品は、読む人の関心を惹きつける作品といってよいでしょう。このダークヒーローとして行動する姿を見ていると、松島ナミの憎しみが伝わってくる作品であることがよくわかります。主人公の壮絶な人生を体感してみたい、リアル感を楽しみたい方にお勧めです。

さそり(1)


東北支配の基礎作りに懸命な奥州藤原四代の物語

14-07-13 Sun.

最近日本の歴史に興味をもち、歴史的人物の物語などを読むようになりました。本屋さんなどに行くと、古代から近代まで広いジャンルの本が売られていて、有名な歴史的人物の本は特に評判が高いものとなっていました。

平安時代に東北で繁栄した奥州藤原氏を描いた本を見つけました。清衡、基衡、秀衡、泰衡までの奥州藤原氏四代について書かれた「奥州藤原四代(1)」といった本です。

この本は、小説ではなくマンガですが、平泉を作る藤原四代の物語は、歴史ロマンを感じることができ面白いものです。

奥州藤原四代が未開の地につくった平泉を舞台にする繁栄と衰亡の物語は、当時の生き生きとした人たちの生活と熱意が感じられるものです。「奥州藤原四代(1)」では、平泉の建設のほか、清原氏の滅亡、中尊寺建立といった東北の支配の基礎作りが行われています。歴史にはあまり登場しなかった東北で繁栄した奥州藤原氏四代の歴史がよくわかる本として役立ちます。

また、このマンガは、中尊寺の管主である直木賞作家の今東光僧を原作としているため、とても内容が充実したものとなっています。マンガならではのリアルな表現と内容の深さは、マンガをあまり読まない人にもおすすめします。

奥州藤原四代(1)


人生を思いどおりにする

14-07-04 Fri.

皆さんは思いどおりになる人生と、そうではない人生どちらの方が良いでしょうか?中には思いどおりにならないことが面白いと思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、多くの人は思いどおりになるのなら思いどおりになる方がよい、と思っていることでしょう。
しかしながら現実にはそうもいかず、人生は思いどおりにならないものだ、と思って生きている人が大半なのではないかと思います。

そこでここでは、人生を思いどおりにすることは出来るのか?ということにスポットライトを当てている一冊を紹介します。『人生は思い通りになる!! 思いの設計法則』という本です。

この本ではタイトルの通り、「人生というのは思いどおりになるものである」ということを基礎にして語っています。では、どのようにして思いどおりにしていくのでしょうか?基本的な方法論は、いわゆる「引寄せの法則」に近いものがあるのではないかと思います。

人生を思いどおりにする、すなわち自分の思い通りのことを行なうためには、設計図が必要となります。その設計図というのは思いであり、具体的にどこをどうすることでどのようになるのか、ということを理解した思いを持つ事こそが重要であるとしているのです。

人生は思い通りになる!! 思いの設計法則


捨てることで高みへ

14-06-26 Thu.

人間は欲望の生き物です。物欲、金欲、色欲、その他にも様々な欲を抱えて生きています。こういった欲を叶えるためにはどういった方法があるのでしょうか?もちろん、この欲を叶えるために全力で努力をするというのも一つの方法です。しかし、それによって得られる物には限界があるのもまた事実ですよね。

本書、『捨てる生き方 幸運、金運、人運、引き寄せの法則』は、そんな欲について考える一冊です。欲を欲として持っている限り、到達できる場所というのは限られている。その欲を捨て、価値観を一新させることによって、より高みに辿り着ける、というのがこの本における主張です。

「引き寄せの法則」、というのを最近よく聞くようになった人もいるかもしれません。例えば、自分のなりたい形、したい事などを鮮明にイメージすることで、それを引き寄せることが出来る、というものです。この本ではその「引寄せの法則」をベースとして、運を引き寄せ、自分の人生を豊かにしていくことについて紹介しています。

どうしても叶えられない事がある人は、この本を読んでみるのをお勧めします。考えかたが根本から変わるかも知れませんよ。しかし、書かれていることをすべて受け入れて実行するのではなく、「咀嚼して、考えるための一冊」として読むのが良いですよ。


シャーロキアンへの第一歩

14-06-01 Sun.

俺はシャーロキアンだとは名乗れない。
今まで原文でシャーロック・ホームズを読んだことはなく、『英語原文で味わうSherlock Holmes1 緋色の研究/A STUDY IN SCARLET.』は記念すべきその一冊目となった。

21歳の若輩者である俺にとって、英原文の本自体そうそう読んだことがなく、読解には苦心した。
が、全編を通して読み終えた時、初めて「シャーロック・ホームズ」というものの機微を感じ取る事ができたのではないかと思う。

ことミステリー小説の世界において、トリックのみならずストーリーを明かすことはいかに古い小説であるとしてもタブーである。
そのため、内容について詳しく記すことは出来ないので、この本全体について紹介していきたい。

この本はA STUDY IN SCARLETの全編を英原文で収録しているだけではなく、著者・アーサー・コナン・ドイルの経歴や、主人公・シャーロック・ホームズの経歴などについても記されている。
読んだことがない人には信じられないかも知れないが、シャーロック・ホームズは完璧な正義の人というわけではない。(事実、本人は薬物中毒である)。

完璧ではないからこそ、シャーロック・ホームズの魅力と言うものが生まれているのだろう。


新しい友達を作るために

13-08-30 Fri.

皆さんは交友関係を広げようとしていますか??
私は、大学に入学してから積極的に友達を作るように心掛けています。
高校生の頃まではクラスや部活の人と常に一緒にいる上、文化祭や体育祭など絆を深めるイベントも多くあるため自然とみんな仲良くなっていきます。
しかし
大学に入ると、授業は友達と合わせないと一人きりだったり、クラスがあってもそこまで親密にならなかったりと、自分から積極的に動いていかないと友達が出来ないんですよね。

しかし、その反対に自身が積極的に行動をすれば多くの、さまざまな特性を持った友人を広く作る事が出来ます。
そうしてであった多くの友人から、自分が日常では体験することの出来ない、色々なことを学ぶことが出来ます。

そのため私は大学に入学してからというもの、友達作りは特に積極的に行うようにしてきました。そしてその一環として今度海外へ友達作りに行こうと考えています。

行く先はアメリカです!
やはり友達を作りに行くのでコミュニケーションはスムーズに取れるようにしておきたいですね。
そこで今、読んでいるのが【世界一わかりやすい! すぐ話せる「英会話」の基本】です。
この本には様々な英会話がシーンごとに、それもスラングまで入っています。
また、英会話の他にもアメリカならではのマナーなども掲載されています。その国独自のマナーって結構重要ですよね。たとえ英語が話せても、マナーがなってないと「なんて失礼な奴なんだ!」って思われてしまいます。

この本をしっかり学んで、アメリカでも友達100人作ってきます!(笑)


今更ながら勉強法が気になり読んでみました。

13-08-26 Mon.

何から手をつけたらいいのかわからないまま、気付いたらもう夏休み。勉強せずに焦ってるだけの自分が嫌いでした。そんな時にこの本を見つけたんです。
半年で東大合格なんてありえないんじゃないか。思いましたが、勉強の仕方すら分からないから少しでもきっかけがつかめたらいいなあ、なんて思って読んでみました。
まずびっくりしたのは、内容がものすごく具体的。初日、二日目、、といった具合で、何も知識のない状態から始めるスイッチフルバックの勉強法が、科目別に細かく書いてあります。これなら今日何をやればいいのか一目瞭然なので一気にやる気が上がる!
スイッチフルバックとは、例えば一日目に1~5ページ単語を覚えたとして、二日目は6ページからやるのではなく、1ページからもう一度覚えるということです。一度覚えてもすぐ忘れるということを心に刻んで、毎日覚えなおすのがコツだそうです。
夏休みが終わってから始めても間に合うなんて書いてあって信じられませんでしたが、スイッチフルバック法で勉強し始めて1ヶ月。こんな短期間なのに自分でも驚くほど成果が出る勉強法は他にないのではないでしょうか。やる気さえあれば誰にでも実行可能なのが魅力です。


フェイスブックの株でお金持ちになるには

13-08-21 Wed.

株で一発当ててやる!
そう言うと、どこかギャンブルのような響きとして聞こえてきます。

僕は、もともと株はやっていないのですが、
学生団体に所属している友達の中で、株をやっている人がいます。
その人は、将来企業するという夢を持ってアクティブに動いているのですが、
自分の活動資金として株でお金を稼いでいるらしいのです。

そいつは、もともと株などに手は出していなかったのに、
なぜ急に株をやり始めたのか?

僕は気になり、彼に問い詰めたところ、
ある本がきっかけで株をやってみることにした、とのことでした。
『フェイスブックの上場株を手に入れて、億万長者になる方法』というこの本が彼を株という世界に踏み出すきっかけとなった本だというのです。

僕は彼にそんな影響力を与えたこの本が気になり、この本を手にとってみたのですが、
株初心者の僕にも内容がつかめる構成になっていて、
この本を読むとなんだか自分でも株でお金を稼げるのではないかというやる気が湧いてきます。
実際、急成長をするIT系の会社はよくニュースや新聞を騒がせていますが、
この本で解説されているように知識をしっかり持って、社会の流れを読めば、株による収入は十分期待できると思います。

知っておくだけなら損にならないと僕もこの本を手に取りましたが、
他の人にも是非早い段階で一読しておくことをおすすめしますね。