人間関係の距離のコツ

13-08-13 Tue.

人間関係に悩んだことはありますか?
僕は人間関係って難しいなと感じることが度々あります。

人間関係って言っても、様々で、家族、友達、彼女、先輩、先生など色んな人との付き合いがあって、
それがひとつひとつ違ってて、何一つまったく同じ付き合い方というものがない。
そんな人間関係が難しいと感じることがあります。

ついこの間も、松島先輩(仮名)と横須賀先輩(仮名)というサークルの先輩がいるのですが、
この2人の先輩は仲が悪く、度々僕も巻き込まれます。
僕が仲裁に入ってもケンカをやめようとしません。
そんなに嫌なら意識しなきゃいいのにと思うのですが、お互いに影で悪口を言い合っているんです。

どうしたら、この険悪な雰囲気を改善できるかと思って、アマゾンで人間関係に関する本を探しました。
そして出会ったのが、『人間関係、こう考えたらラクになる 2』です。
この本では、自動車の車間距離を取らないと事故に繋がってしまいやすいように、人間関係の距離も適度に取ることをすすめています。
一番、居心地がいい距離があるように、トラブルを避けるためにとるのが望ましい距離もあるんですね。
人との距離の測り方って、つい無意識というか、自然とやっていることなので、
客観的に人間関係の距離について書かれた本を読んだ時は、言われてみれば確かにそうかもなと、納得しました。

できれば、多くの人に(バイト先の先輩達にも)読んでもらって、
自分にとって、相手にとって、周りの人にとって、一番居心地のいい距離をみんなが身につけれると、
ストレス社会なんて言葉もなくなるのでは、と思います。