ヒラリー・クリントンに教わる中国経済のこれから

13-07-29 Mon.

世界経済に目を向けた時、今もっとも注目すべきは中国ではないでしょうか?
日本はGDP世界2位の座を中国に奪われたというニュースもけっこう前の出来事のような気もします。

中国は国土が大きく、人口も世界第一位であり、大国というのにふさわしいでしょう。
さらに、資源も豊富、農産物の生産も多く、日本も多くの農産物を中国から輸入しています。
僕は一度、上海に旅行に行ったことがあるのですが、その発展ぶりは凄いものがありました。
日本の新宿のビル群より大きいのではないかと思われる超高層ビルが多く建てられ、
人や街も賑やかで、景気の良さを表しているようにも、その時の僕には感じられました。
しかし、この人の本を読んで、その景気の良さは期限付きなのではないかという視点でも中国を見れるようになりました。
その本とは、2013年2月1日に国務長官を退任したヒラリー・クリントンさんが綴った『「20年後、中国は最も貧しい国になる 」 ヒラリー・クリントンの予言』という本です。

この本では、中国の経済的な問題点や外交問題に目を向け、いかに今のやり方に問題があるかが述べられています。
元国務長官ならでは視点もあり、やはり説得力が違います。
自分ひとりの視点やテレビの評論家の視点では見えなかった世界全体を考えた上での中国の見方というものを教わった気がします。
中国の経済は実は日本にも大きく影響を及ぼすことなので、是非多くの日本人に見てもらいたいですね。


「お金と幸せ」を考える

13-07-18 Thu.

最近、進路を考える上で、お金のことを考える機会があります。
大学の同級生と、「就活で志望する会社とかって考えてる?」という話をする機会があったのですが、
「とりあえず年収が高い会社でしょ!」という答えが返ってきて、僕自身は年収が高い低いで会社を考えることに違和感を感じました。
年収が高い会社に入ればそれで幸せなのか?自分のやりたいことがあれば、年収は低くたっていいんじゃないか?と思ったのです。

そんな時、本屋で目に止まったのが、『ちょハピ!』という本でした。
その本は、本田健さんの著書で、僕は過去に『ユダヤ人大富豪の教え』という本を前に読んだ記憶があったので、ちょっと手に取ってみようと思いました。

その本は、実は本田健さんの「お金と幸せ」に関する初のメッセージがつまった本でした。
ユダヤ人大富豪の教えの本にも通ずる人からの感謝をお金に変えるという基本の考え方だったり、
お金を稼ぎながら幸せになることもできるという根底に流れるメッセージを改めて自分に染みこんでいくような気がしました。

この本はイラストやコマ漫画としてユーモラスな部分も詰まっていて、とても手に取りやすく、とっつきやすい本になっていると思います。
「お金と幸せ」このどちらも大切な2つのテーマを考えるひとつのきっかけとして、この本のメッセージに耳を傾けてみることをおすすめします。


これを読めば坂の上の雲を読んだも同然

13-07-02 Tue.

「坂の上の雲」という本をご存知ですか?
司馬遼太郎さんが描いた幕末の日本の人気歴史小説です。NHKの大河ドラマでも扱われていたので、そちらでご存知の方もいるかもしれません。

この小説で取り上げられている幕末という時代は、大政奉還以後、江戸時代から明治時代に移り、多くの異文化が流入し、今までの価値感がガラッと変わった時代が舞台となっています。
そんな混乱や新しいものが溢れた時代に生きる人々がどのように考え、行動したのか、この小説では実にリアルに描かれています。

ただ、正直言います。この本は長い!
ほんとに日本の超大作と言ってもいいほどの名作なのですが、
それにしても長い。
僕は本好きなので、この本を全部読んだ上で友達にお勧めするのですが、
たいてい長すぎるという理由で手にとってもらえないんです。

しかし、ある時、本屋で革命的な本を発見してしまいました。
それが、『逆境を切り開く!!坂の上の雲50の知恵』という本です。
僕が物語の中から、言葉にできなかった他の人に伝えたいメッセージがこの本に代弁されているようで、正直感動さえしました。

この本では、幕末という変化の時代において、逆境を乗り越えるためのヒントを、坂の上の雲という作品からすくい上げてまとめてくれています。
坂の上の雲が長くてなかなか手に取ることができなかった方でも、この本を読めば、原作の素晴らしさやメッセージを受け取ることができます。
さらに、坂の上の雲を読んだ方にも、この本で述べられている内容を見て、
原作を読んだ時には気付かなかった現代との関連性や有用性に気付かされる内容もあり、是非一読して欲しい一冊になっています。